ホームページトップ > 口丹波の社・別館 > 京都市・中丹地域の神社 > 京都市北区の岩戸落葉神社

岩戸落葉神社


神社名  岩戸落葉神社(いわとおちばじんじゃ) 所在地 京都市北区小野下ノ町170
御祭神  天御衣織女稚姫神(あめのみそおりめわかひめのかみ)  弥都波能売神(やづはのめのかみ)  瀬織津比盗_(せおりつひめのかみ)
創建時期等は不詳。古代よりこの地に祀られていたと伝わります。落葉社は堕川神社(おちかわじんじゃ)、岩戸神社は天津石門別稚姫神社(あまついわとわけわかひめじんじゃ)と、それぞれ延喜式内社の論社と伝わるようですが、詳細は不明のようです。江戸時代初期の元和年間(1615〜1624)に岩戸神社が焼失し、落葉神社に合祀され現在に至っています。主祭神が女神三柱で、社殿の中はさぞやかしましいことと思いますが、国道162号線の近くながら境内はいたって静かで雰囲気の良い神社です。本殿右隣の摂社は落葉姫を祭る御霊社です。

境内には背の高いイチョウの木があり、秋になると黄葉が見事で見物客が絶えません。
由緒
クリックすると大きな画像が現れます
文化財
リンク  アタの雑記(管理人のブログ)  
備考  

 【関連記事】 
岩戸落葉神社のギャラリー
岩戸落葉神社 岩戸落葉神社
正面(2017年11月) 拝殿(2017年11月)
岩戸落葉神社 岩戸落葉神社
覆屋内の本殿(奥)と御霊社(2017年11月) 末社・山神社(2017年11月)


岩戸落葉神社のギャラリー(動画)
   
2017年11月


このページのトップへ