ホームページトップ > 口丹波のお祭り > 葛城神社の曳山行事

葛城神社の曳山行事

 葛城神社の曳山行事は毎年10月17日に近い日曜日に営まれています。昔は「八朔祭」と称し、8月1日(新暦の10月1日)に行われていましたが、大正末期頃より10月17日に定められ、その後近年になって日曜日になりました。曳山巡行は明治時代に始まったと伝わります。曳山は太鼓山(辻区・中畑区)、囃子曳山(笹尾区)、造り山(中村区)、船山(下村区)、御殿山(鎌倉区)の6基が、夕方に葛城神社に集結するというもので、6基が揃って巡行するものではなく、太鼓山の2基と囃子曳山はそれぞれ別々に町内を練り歩きます。行事は夕方4時頃から始まり、各山が神社の参道に集結する頃には、辺は日没で薄暗くなっています。集結した各山を神職がお祓いをして清めたあと、1基ずつ順番に鳥居を潜り、威勢良く境内を廻ります。1基が終われば、次の山が鳥居を潜るといった感じです。徐々に夜の闇が深まっていく中、かつては随分遅くまで時間をかけて行われていたと聞きました。また太鼓やお囃子は、以前は男児のみの役割だったそうですが、最近は少子化が進み女児も参加するようになったようです。(下の画像は2013年10月13日の模様です)


(見学に行かれる場合、日時は念のため主催者か京丹波町の方にご確認下さい。)

曳山行事 曳山行事
辻区の太鼓山 辻区の太鼓山
曳山行事 曳山行事
辻区の太鼓山 中畑区の太鼓山
曳山行事 曳山行事
中畑区の太鼓山 町内巡行
曳山行事 曳山行事
町内巡行 太鼓を打つ子供たち
曳山行事 曳山行事
太鼓山2基 笹尾区の囃子曳山
曳山行事 曳山行事
囃子曳山の巡行 笹尾区の囃子曳山
曳山行事 曳山行事
囃子方の子供たち 参道に集結
曳山行事 曳山行事
中村区の造り山 下村区の船山
曳山行事 曳山行事
6基集結 境内に入る辻区の太鼓山
曳山行事 曳山行事
威勢良く境内を駆け回ります 暗くなる中で待機する後続の山




このページのトップへ