ホームページトップ > 京丹波町の神社 > 金刀比羅神社(安栖里)

金刀比羅神社


神社名  金刀比羅神社(ことひらじんじゃ) 所在地 京都府船井郡京丹波町安栖里鐘打山1−1
御祭神  大物主命(おおものぬしのみこと) 
明治元年創建。由緒書には、「維新のとき、鐘打山(かねうちやま)が昼夜鳴動し、鐘の音が響いた。大木の梢に金刀比羅大権現と大書した箱守札が認められ、参拝者が増えた」とあるそうです。社殿の建立にあたっては、安栖里、小畑、中山の三区が山林の所得で支弁したと言われています。
また一方で、往古金刀比羅権現は鐘打山の山中に七堂伽藍があって、その一堂に祀られていたものであるとの言い伝えがあり、明治元年は創建ではなく、再建であるということで、建立の際の棟札には「此処へ帰山有之」と書かれているようです。
鐘打山はかつて鉱山として大いに栄えましたが、現在は深い森の中にひっそりと佇む神社です。
由緒等の案内板は無し
文化財
リンク  アタの雑記(管理人のブログ)  ブログ(鐘打鉱山跡) 
備考  

 【関連記事】 
金刀比羅神社のスクラップブック(記事全文ではありません)
金刀比羅神社のギャラリー
金刀比羅神社 金刀比羅神社
社頭(2014年10月) 参道(2014年10月)
金刀比羅神社 金刀比羅神社
二の鳥居(2014年10月) 境内(2014年10月)
金刀比羅神社 金刀比羅神社
手水舎(2014年10月) 本殿(2014年10月)
金刀比羅神社 金刀比羅神社
吽形(2014年10月) 阿形(2014年10月)
金刀比羅神社 金刀比羅神社
三間社の大きな本殿(2014年10月) 不明な境内社(2014年10月)
金刀比羅神社 金刀比羅神社
大山祇神社(2014年10月) 神社後方の鐘打鉱山坑道跡(2014年10月)
金刀比羅神社のギャラリー(動画)
2018年2月




このページのトップへ