ホームページトップ > 南丹市の神社 > 生身天満宮

生身天満宮


神社名  生身天満宮(いきみてんまんぐう) 所在地 京都府南丹市園部町美園町1-67
御祭神  菅原道真公
社伝には道真公が存命中に創祀されたとあり、日本最古の天満宮と称されています。このことから「生身」の文字が付いています。園部の街中にあってなだらかな斜面に広い境内を有する神社です。市民の憩いの場となっているのでしょう。境内社には「厳島神社」「稲荷神社」「大神社(伊勢神宮)」「秋葉神社」「愛宕神社」ほか多くの神社が祀られています。
旧社格は府社
また「秋葉神社」「愛宕神社」の旧聖天堂は廃寺となった神宮寺・延命院福量寺の観音堂を兼ねていて、船井ごおり三十三か所観音霊場の第十九番札所でもあります。

 延命院の御詠歌: 天みてる神風はらふさいなんも のりのちからの馬頭観音
てんじんさん
てんじんさん(新聞)
 生身天満宮ではこのような新聞を毎月25日に発行されています。
 社務所を訪ねるともらえます。
文化財 【 府指定文化財 】 本殿附棟札3枚・回廊1棟(建造物) 制札(美術工芸品)
【 府指登録化財 】 拝殿  秋葉社(以上建造物)
【府文化財環境保全地区】 生身天満宮文化財環境保全地区
リンク  生身天満宮公式サイト    アタの雑記(管理人のブログ)    生身天満宮の御朱印
備考 【関連記事】
 Wikipedia    ブログ(初天神)  ブログ(生身天満宮の梅2013)
生身天満宮のスクラップブック(記事全文ではありません)
生身天満宮のギャラリー
生身天満宮 生身天満宮
駐車場から見た鳥居 正面
生身天満宮 生身天満宮
奉獣 境内参道
生身天満宮 生身天満宮
吽形 阿形
生身天満宮 生身天満宮
境内参道 厳島神社
生身天満宮 生身天満宮
稲荷神社 稲荷神社
生身天満宮 生身天満宮
手水舎 大神宮
生身天満宮 生身天満宮
秋葉神社・愛宕神社 秋葉神社・愛宕神社
生身天満宮 生天満宮
舞殿 舞殿
生身天満宮 生身天満宮
拝殿 本殿
生身天満宮 生身天満宮
本殿 本殿
生身天満宮 生身天満宮
本殿 境内末社
生身天満宮 生身天満宮
武部源蔵社 武部源蔵の墓
生身天満宮 生身天満宮
武部源蔵社 鎮守の森

(上の画像は2012年7月に撮影したものです)